ロレックススーパーコピーは、我々が考えるよりも近い注意を払っている

直感と重要な情報を頼りに時計評価や見直しをすると、仕事が楽になり、効率的になります。他仕事と同じように。しかし、それは私がおそらく私が過去に持っているよりもケース径ような数字にあまり注意を払うべきであることが判明した。新しいサブマリーナは、”外部ラグ幅 “や “ブレスレットテーパーにラグ “ような何かを導入することも適切であろうかどうかを疑問に思いますか?

最新40mmサブマリーナと新型41mmサブマリーナを並べてみると、前者より後者方が大きいとは思えない。形状的な要素と全体輪郭が、直径そもよりも大きな違いを生み出しています。そ結果、私が予想していたよりも快適で身につけやすい時計になりました。私はそれについてあまり心配しないだろうが、あなたが時計を試してみて、トップライン数字に頼らない余裕がある場合は、それはほとんど常により良いアイデアです。

ロレックス スーパーコピー 時計がオイスターパーペチュアルモデルに導入した明るい新色文字盤を見て、ほとんど指標ではゴミような年半ばに楽観主義を駆り立てるような動きだと考えるは簡単なことだろう。それはしかし、2つ重要なことを見逃してしまうだろう:1)時計は年ではなく、数ヶ月かけて開発されているで、ロレックスは間違いなくフェイスマスクと手消毒剤が通貨であった前に、これら長い間取り組んでいた。

ロレックスはしばしばヴィンテージ愛好家に十分な注意を払っていないと積極的にチューダー、オメガスーパーコピー时计ようなブランドが行う方法で、そ遺産に傾いていないためダイハードな収集コミュニティからグフを取得します。ロレックスは、あからさまに、あからさまな方法でヴィンテージ・コミュニティにサービスを提供していません。それは彼ら仕事ではない。少なくとも先週まではそうではなかった。

これについてはもっと深く掘り下げていきますが、こカラフルな文字盤は1970年代にデイデイト用に作られたエナメルステラ文字盤にしっかりと根付いています。色は似ているだけではなく、ほとんど同じ色をしています。ほとんどお客様はこれについて何か知っているでしょうか?そんなことはありません。しかし、知っている人にはウインクとうなずきであり、ロレックスがここにいることを知っていて、私たちことも見ていることを知ってほしいという明確なサインでもあるです。